teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


古い革鞄

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2018年 1月15日(月)17時26分1秒
返信・引用
  せっかくキャリアを付けたのだから、革の鞄を括り付けたくなるのが人情だ。

キャリアは上面が平板ではない。前後が湾曲している。そこでドクターバッグを入手した。
ところが、ビンテージ過ぎて、ベルトを締めようとしたらブッツリ切れた。
気をとり直して、ユニクロのベルトを2本調達。

改めて付けてみたが、キャリアが湾曲しているので鞄が浮いてしまって、取って付けた感満々。
そうだ、キャリアを裏表逆にしてみよう。
結果が下の画像である。

待てよ、これなら革トランクがスマートに付けられるではないか。
今日もヒマ人の試行錯誤が続くのである。
 
 

コペンにリアキャリア

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年10月21日(土)15時40分21秒
返信・引用
  北海道周遊から早ひと月。
ホテル連泊ならまったく必要性は感じなかったのだが、キャンプとなると話は別だ。
あるいは、革のトランクなども括り付けてみたい。

というわけで、コペンのリアキャリアを物色してみた。
改造屋の専用品は、8万もするので買えない。
見つけたブツは、FLHやゴールドウィングのラゲッジラック。
並行物で2万4千円なり。

59年も生き残った自分へのバースデイプレゼントだい。
これならステーの角度が自在なので、トランクリッドのRに合わせられる。
問題は、トランクに穴を開けなきゃならないことだ。

位置決めをしてドリルを構えた時にゃ、ありったけの勇気をかき集めた。
見事、取付完了したのだが、終わってみて気がついたことがひとつ。

こんなことやってても、誰も誉めちゃくれねえなあ。
 

ある日の父と子の会話

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 8月22日(火)20時28分5秒
返信・引用 編集済
  父 久しぶりだなあ。先日、山形へ行ってきたよ。
子 ふーん。
父 山形ですごい郷土料理発見したよ。なんだと思う。
子 うーん「だし」かな。
父 えっ!何で知ってんだ。テレビでやってたか。
子 いや、食べたことあるもの。
父 お前、山形になんか行ったことねーべ。
子 いや、普通にカスミで売ってるよ。

セガレの言うことは真実であった。
カスミで2パック購入してきたが、地元で簡単に変える「だし」は、みじん切りのサイズも大きいし、少し悲しい味がした。

悲しい話が、もう一件。
山形から帰ると、コペンはオイルダダ漏れしていた。
保証は3ヶ月。買ってちょうど2ヶ月だった。

このビッグトーヨーという店の誠意はどうか。
あと1ヶ月だけ、死に物狂いで生きる理由ができた。 
 

山形行 後篇

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 8月16日(水)16時44分52秒
返信・引用
  甥っ子くんの都合で2日でいったん帰宅。
甥っ子くんを帰して、さて一人で何処へ行こう。
「だし」が忘れられん。米沢のスーパーに買い出しに行こう。
今度は軽キャンパーだ。
高速は混むので、奥会津から喜多方を抜ける。
米沢イオンで「だし」購入。豆腐と紙皿も調達。
道の駅たかはたにて、「だし豆腐」で一杯。
山辺温泉で朝風呂につかって、何故か田子倉ダムに来た。
ここの駐車場で、またも「だし豆腐」でもう一杯。

今度の休みも、晴れたら「だし」の買い出しに行くぞ。
 

山形行 前篇

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 8月16日(水)16時26分2秒
返信・引用
  甥っ子くんと山形へ。
この甥っ子くんと、母艦にゴリラ積んで北海道に行ったのは、もう11年も前なのか。

今回の愛車は、格安オープンカーのコペンである。
甥っ子くんがいてくれると、写真いっぱい撮ってくれるからうれしい。
もちろん、おう、撮ってくれやって、催促するんだけどね。

皿谷食堂の冷たい中華も食べたし、ジャガラモガラに行こうとした山中。
こんな怖いポスターに遭遇した。
もしも夜でヘッドライトに浮かんだりしたら。こえー。

夜はホテル近くの居酒屋に繰り出す。初めて食べたが「だし豆腐」が絶品。
山形県人って、天才だな。

翌日の鳥海山は、曇りでがっかり。
 

AMラジオ

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 7月15日(土)10時39分25秒
返信・引用
  AMラジオが入らない。FMは聴こえるんだけど。
オーディオパネルの外し方が判ったんで、デッキの裏側を引っ張り出す。

アンテナブースターの青線が、未接続ではないか。
NHKに周波数を合わせて、余ってる線を接触させてみた。
お、聴こえるぞ。
ギボシがオスだったので、メスに変換。
感良し、明良し。

ついでに、1DINの小物入れを引き出し式のカップホルダーに変更。
アマゾンで900円くらい。
シフトパネルに赤いシールを貼った。
ヤフオクで送料共1000円。

今日は、いい仕事したなあ。次はモモのシフトノブかな。
 

車速キャンセラー

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 7月 7日(金)12時10分39秒
返信・引用 編集済
  コペンは、通常、停車してサイドを引いてなければ屋根の開け閉めが出来ない。
先日、オープンで信号待ちしていたら、ポツポツ降ってきやがった。
閉めようとしたのだが、動作途中で前が流れ出した。
半閉のまま数キロ走った。非常に恥ずかしい。そこで画像1のキットを購入。

ハーネスにはワンタッチのタップが付属していたが、昔、断線でひどい目にあったので全部ギボシ加工にする。
文字通り、血のにじむような努力。画像3。

ところが取説通りにつないだのに作動しない。
カシメがヘタクソなのかなあ、と見直す。大丈夫だ。
配線間違ったのかなあ。大丈夫だ。
試しにキットを取り外して、ノーマル状態にした。
えっ、作動しない。
これじゃ、ただの小さい変なクルマになっちまう。

眠れぬ一夜を過ごした。
ネットで検索したら、犯人は、トランクのパーテーション。
この受けに作動スイッチが隠されていたとは。
試運転だから、外したままだったんだ。

見知らぬ偉大な先人よ。貴重な助言をありがとう。
 

はい!もちろんATです

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 7月 3日(月)20時36分7秒
返信・引用
  たとえ衆人環視のオープンであろうとも、左手は助手席の股間を彷徨わねばならない。
水を求める砂漠の旅人のように。これ党是ですから。

しかしCVT。
噂には聞いていたが、1から2あたりのダルさ。踏んでも前に出ないわい。
男前のキャリー5MTの方が、よっぽどスポーツカーですぜ。
秋風の吹く頃までは、ただの不便な軽自動車ですか。

さて、破れシートが気になっていたので、4300円即決の比較的ましなヤツ落としました。
運賃が4800円でした。とほほ。
シートヒーターの配線、カプラーの手前でぶった切られてて、とほほ。
前のシートのカプラーぶった切って、ギボシでつなぎました。

ゆんべは、祝杯をあげすぎた。
アベ、そろそろポンポン痛くないか。
 

遂に!

 投稿者:盟友  投稿日:2017年 7月 2日(日)22時16分41秒
返信・引用
  いきましたかぁコペン! 前から欲しがって居ましたもんね

気になるのは今度のオープンはAT?MT?

MTであれば助手席の婦女子に気を取られのオーバーレブにご注意を!! 
 

コペン参上!

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 6月19日(月)06時47分31秒
返信・引用
  MR-S以来のオープンである。
オープン嫌いのオートバイ乗りなど、いよう筈がない。

ところで、世間はオープンカーをスポーツカーと勘違いしているが、大きな間違いである。
オープンカーというものは、5月か10月の晴れの日に、信号の少ない田舎道を5~60Km/hで流す乗り物である。
峠道や高速道路を、親の仇みたいな形相で走るものに非ず。
当然だが、助手席には例えババアでも婦女子を置かなければならない。

底値のコペンがあったんで、入手して日光まで行ってきた。
目的地は東照宮の陽明門と、中禅寺湖の蕎麦がき。
杉並木では、前に911のカブリオレ。
1500万の後に35万が走ってすまんのう。

コペンは想像以上の名車であった。
13年落ちの中古が、これからも毎年出回ってくる。
2~3年ごとに買いかえれば、死ぬまで一生オープンに不自由しないなあ。
 

9連休のツケ

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 5月 7日(日)17時12分19秒
返信・引用
  田沢湖は2度目である。
初回は、母艦ハイエースに秋水号を積んで出かけた。あいにくの曇天で、たつこの像の金ぴかがひどく安っぽく見えた。
だが、今回の青い湖水は見飽きることがなかった。この青に匹敵するのは、なるほどあの黄金しかあるまい。

5泊6日で北東北を堪能した。
2日体を休めて(年寄りだからね)本日連休最終日は、会津若松まで。
誰も行かないだろう大川ダム(だっけ)に寄り道したら、菜の花が満開であった。

ここで私事を語る。
実は、2カ月ほど前から節酒禁煙をしている。
宝くじが当たって、命が惜しくなったのではない。
あまりの節制のなさに主治医が怒って、無理矢理禁煙外来に通わされているのだ。
あータバコが吸いたい。

知り合いの婦女子に、タバコ吸わないからチチ吸わせてくれ、とお願いしたら蹴られた。

あータバコ吸いたい。
「9連休のツケ」の話は、またいつか、どこかで。
 

テザリング

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 4月29日(土)20時13分35秒
返信・引用
  何のことかはわからぬが、ポータブルWi-Fiアクセスポイントにいるらしい。先日見た「ファントム イン ザ シェル」みたいに世の中がわからん。何故なら、ここは秋田県能代の北の道の駅だからだ。
ちなみに、スカヨハはいいなあ。

つまり、仕組みもわからず、今戸外でインターネットしている。
戸外。組ちょがアオ姦をしたのは、童貞を喪失して3回目くらいだろうから別に問題はなかろう。

まあ、今、あの五能線の能代の近くの道の駅だ。これから五能線に添って日本海を北上する。
最終目的地は、津軽を経て、下北の誰もいない浜辺で。流木を集めて焚火をするんだ。
さらば、群青。右翼をパクってひとり群青祭だ。
 

凱旋報告

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 4月 3日(月)18時25分24秒
返信・引用
  往復1200Km、なかなかしんどい。
以下、証拠写真である。

家の前を登校する小学生が、軍隊行進するような「美しい国」だけは、おらあ願い下げだぜ。
 

盟友殿、毎度お世話様です。

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 3月30日(木)05時23分54秒
返信・引用
  主治医から禁煙外来を強制予約され、男医者だったら絶対やめない決意で臨んだものの、女医さんだったので禁煙8日目の組ちょです。
さらに信じがたいことには、同時に酒も辞めて、真人間の道を邁進しております。

さて、「日本会議小学校」観光の旅、今度の土曜と心に決めておいたのですが、同日、奇特な淑女からおセックスの許諾をいただきました。寄る年波、オートバイにはいつでも乗れますが、淑女に乗ったり乗られたりは稀有な機会であります。男子たるもの、常在戦場、突撃一番の心得こそ肝要と存じます。

先日、鳥取で10円拾いました。
思えば、道端の10円玉を拾うように生きてまいりました。今はもう、この世のすべての、やらせてくれるかもしれない女性に、感謝です。
 

それは必読ですな

 投稿者:盟友  投稿日:2017年 3月27日(月)22時30分16秒
返信・引用
  組ちょ、お久しぶりです。「薄くて読みやすい」は小生などにはグッときますね。
読んでみます。

しかしながら、それと同時にカゴイケ氏夫人のいう“サタン”とやらも気になるところですね!
カタカナであるところが憎いではないですか 笑
 

カゴイケの 胸のバッヂに注目してみた

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 3月23日(木)20時02分13秒
返信・引用 編集済
  実はこのバッヂ、「日本会議」という極右組織のバッジである。
この謎多い組織の解明には、菅野保著「日本会議の研究」という新書が詳しい。
薄くて読みやすく、特に面白いので是非一読を薦める。
これを読めば、今回の裏で働いた力の真相に触れることが出来るだろう。

なお、菅野保という人物は、ちょっと前までカゴイケに毛嫌いされていた天敵だったのだが、単独インタビューを成功させてからは、カゴイケの信頼を勝ち取り、カゴイケ転向後の現状況の仕掛け人になっていると思われる。
立派な漢(おとこ)だ。

さて、ここまで世間に注目された「瑞穂の国記念小學院」。別名「日本会議小学校」。
住所は、大阪府豊中市野田町10。
更地にされる前に観光に行こうじゃねえか。
高速で往き7時間、記念撮影して帰りに7時間。計15時間の日帰りツーリングだ。

我もと思わん者は連絡をくれ。組ちょは、昔第7サティアンにも行ったおバカだぜ。
 

菜の花の沖

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 2月20日(月)19時59分28秒
返信・引用
  さて、そろそろ外房は、菜の花が咲いているだろう。

思えば、どうしようもなくなって、出る旅である。
風に吹かれないと、死んだ魚になっちまう。

昔、40年も前、死んだ母親の話をしては、えぐえぐと泣く女がいたっけ。
あの女は、幸せに暮らしているだろうか。

明日はBMのオイルとエレメント交換。
菜の花だけが、いつも優しい。
 

旅の空より

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2017年 1月 5日(木)20時37分46秒
返信・引用
  只今、テザリングにより松江の道の駅よりお送りしております。

軽キャンパーの旅も6泊目となり、いい加減嫌気がさしております。
自走で九州まで走り、吉野ケ里遺跡、諫早湾潮受け堤防、島原の乱の原城跡、長崎原爆資料館を訪ね、今はあてどなく山陰を走っております。

この旅も、我が人生もどう終わりにすればいいのか。
非常に哲学的な命題を処理する能力もなく、ただおろおろ走っております。
 

てんびんばかり

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2016年11月29日(火)22時00分25秒
返信・引用
  今は亡き河島英吾の歌である。もう40年にもなるだろうか。
「酒と涙と男と女」というシングルレコードのB面だったような気がするが、定かではない。

てんびんばかりは 重たい方に傾くに 決まっているじゃないか
どちらも もう一方より 重たいくせに どちらにも傾かないなんておかしいよ

先日、60年安保全学連委員長、唐牛健太郎氏の伝記「唐牛伝」を読んだ。
彼は、幻の革命の召集令状の署名者として死んだ。
おそらくは、それが最も正しい理解なのだろう。

てんびんばかりの歌を忘れて、40年も生き残った卑怯者の行事は、既に我が身の弔いだけである。
今年の納会は、師匠としめやかにヨロヨロに執り行われたのである。
 

草野心平

 投稿者:組ちょ。  投稿日:2016年11月 6日(日)21時39分8秒
返信・引用 編集済
  ふらりと家を出た。
当初の方針では、会津坂下まで高速を走って、沼沢湖の紅葉を愛で、只見のソースかつ丼を食べるはずだったのだが。

昔世話になった先輩と同名の、関本PAで一服付けていたら、地図看板に草野心平記念館の文字を発見。
中学生の頃、愛唱した「秋の夜の会話」の詩人である。
館内撮影禁止なのだが、これだけはこっそり撮ってきた。画像2。
やっぱり俺って、ヘンなガキだったんだなあ。

当初の方針は、なし崩しである。
東海の砂浜で、ぼんやり海を見ていた。

来週こそは、ネカフェに避難しながら沼沢湖に行こう。
もう、紅葉終わってるかな。雪かな。
そろそろ今年の走り納めである。
 

レンタル掲示板
/71